大鹿村HOME 大鹿村の紹介 行政観光 行政情報 各課からのお知らせ 各種申請・届出

柳 土情 切り絵カレンダー 2006年(平成18年)

calendar2006_1.jpg

【作品名】ビガーハウスの水車小屋

村の観光案内所ビガーハウスの横にある水車が厳しい寒さで凍りついた。
柳土情さんはご夫婦でビガーハウスで観光案内をしている。
切り絵も常設展示されているので、是非ビガーハウスへもお越しください。


line.jpg
 calendar2006_2.jpg  

【作品名】ブルーベリーの花

南アルプスを望む標高1,000メートルのブルーベリー畑
寒暖の差が大きい大鹿村のブルーベリーは甘みが強く、おいしいと評判。
特区制度を活用し、株式会社が経営するブルーベリー農園もある。

line.jpg
 calendar2006_3.jpg  

【作品名】大鹿歌舞伎 白浪五人男

おなじみ白浪五人男は、大鹿歌舞伎の役者が一度は経験する登竜門。
5人それぞれの大見得が決まるたびに大きな声援や拍手、たくさんのおひねりが飛び交う。

line.jpg
 calendar2006_4.jpg  

【作品名】日本一高い峠の山小屋

三伏(さんぷく)峠(標高2,607メートル)は、日本一標高が高い峠である。
三伏峠小屋は、名峰塩見岳や荒川岳・赤石岳への基地として、大勢の登山客で賑わう。
高山植物が群生する「お花畑」にも近い。
line.jpg
 calendar2006_5.jpg  

【作品名】大鹿歌舞伎 本番前の楽屋

役者だけでなく、太夫(弾き語り)、下座、床山、着付、化粧、黒衣に至るまで、すべて地元愛好会のメンバーが担当しているのが、大鹿歌舞伎の大きな誇りである。
多くの地芝居と同様、大鹿歌舞伎も後継者不足に悩んでいるが、すべて自前で行う伝統をいつまでも守り続けていきたいものである。

line.jpg
 calendar2006_6.jpg  

【作品名】するぎ農園の冬支度


するぎ農園は、鹿塩の中峰地区にある。
中世には駿木城という出城があったとされ、物見台が復元されている。
山の食堂するぎ農園では、自家製のそば粉を使用した手打ちそばや鹿肉を使用したサンドイッチなど大鹿村の味が楽しめる。