大鹿村HOME 大鹿村の紹介 行政観光 行政情報 各課からのお知らせ 各種申請・届出

柳 土情 切り絵カレンダー 2005年(平成17年)

calendar2005_1.jpg

【作品名】つららの壁

高さ15メートル、幅30メートルのつららの壁が現れた。大自然が生む絶景にただただ感動するのみ。


line.jpg
 calendar2005_2.jpg  

【作品名】葦原神社の歌舞伎公演

梨原地区にある葦原神社の歌舞伎公演は、御柱祭の年(寅申)にのみ行われる。
葦原神社の鳥居の扁額には「本諏訪社」の文字があり、建御名方神あるいは諏訪大社との深い関係を感じさせる。

line.jpg
 calendar2005_3.jpg  

【作品名】塩の里祭り

塩の里祭りは鹿塩の祇園祭として毎年7月中旬に行われる。
鹿塩の獅子舞が披露されるほか、地区の皆さんの余興の数々がとても楽しいお祭りである。

line.jpg
 calendar2005_4.jpg  

【作品名】蝶の群舞

高原で数え切れないほどの蝶が舞うのに出会うことがある。
その妖しいまでの美しさは、見る人を、まるで楽園にいるかのような、夢と現実が混じり合ったような不思議な世界に誘い込むのだ。
line.jpg
 calendar2005_5.jpg  

【作品名】野々宮神社の歌舞伎

上蔵地区にある野々宮神社の舞台は、大鹿村に現存する4つの舞台のうちの一つである。
かつて、小澤征爾氏とムスティスラフ・ロストロポーヴィチ氏は、コンサート・キャラバンの会場として、この野々宮神社の舞台を選んだ。この舞台は、駐車場がないばかりに今ではほとんど使われていない。何とももったいないことである。

line.jpg
 calendar2005_6.jpg  

【作品名】宇佐八幡神社の大祓


大鹿村最奥の集落である釜沢地区は14戸。全戸総出で神社の大祓を行い、新年を迎える準備をする。