くらしの情報

【国・県】農業者向け交付金・補助金


令和3年度補正産地生産基盤パワーアップ事業(新市場対応に向けた拠点事業者の育成及び連携産地の体制強化支援)の公募について
 国直採事業ですので、お問い合わせは関東農政局へ直接お願いします。
 関東農政局生産部生産振興課(TEL 048-740-0407)

■農林水産省ホームページ
 予算、決算、財務書類等
 補助事業参加者の公募等
 経営体育成支援関係
 
 
 

お問い合わせ
大鹿村役場 産業建設課 農林振興係・農業委員会事務局
〒399-3502 長野県下伊那郡大鹿村大河原354
電話番号:0265-39-2001
Fax 番号:0265-39-2269
メール :norin@vill.ooshika.lg.jp

信州の環境にやさしい農産物認証の申請手続について


制度の概要

長野県では、環境と調和し自然と共生する持続性の高い農業を一層推進するため、平成21年産農産物から知事認証の「信州の環境にやさしい農産物認証制度」に取り組んでいます。

地域の一般的な栽培方法と比較して、化学肥料及び化学合成農薬を50%以上(一部30%以上)削減した方法で生産された農産物を認証する制度です。認証された農産物には、県の認証番号が入った認証票(シンボルマーク)を付けることができます。

詳細については長野県ホームページをご覧ください。
 
 
 
申請窓口  :南信州農業農村支援センター農業農村振興課(0265-53-0413)

申請受付期間:令和4年1月7日(金)~令和4年1月28日(金)
 

申請書の記入様式等

(1)信州の環境にやさしい農産物認証申請書  農薬部分(R3 年度改訂版)

(2)信州の環境にやさしい農産物認証制度 令和4年産農産物申請の手引き

(3)IPM実践指標記入表

お問い合わせ
大鹿村役場 産業建設課 農林振興係
〒399-3502 長野県下伊那郡大鹿村大河原354
電話番号:0265-39-2001
Fax 番号:0265-39-2269
メール :norin@vill.ooshika.lg.jp

令和4年度帰農塾受講生募集について


定年帰農者を対象とした農業講座を開催いたします。

詳細  募集チラシ開催概要

主 催:長野県南信州農業農村支援センター
    みなみ信州農業協同組合

受講対象者:退職後に農産物を販売したいという意欲のある方(年齢不問)

開 講 日:令和4年3月8日(火)13:30~15:00まで

期   間 :令和4年3月から令和5年2月まで

内   容 :(1)基礎講座  座学主体で年間7回程度・農薬、土づくり、農薬機械、農業経営などの基礎講座
     (2)専門講座  原則として平日、現場を見ながら各コース年間5回前後
      ①リンゴコース ②柿コース ③きゅうりコース ④トマトコース ⑤アスパラガスコース
       詳しくはこちらをご覧ください

申込方法:令和4年2月18日までに、Word形式PDF形式をご記入いただき下記のいずれかに持参してください
     ・JAみなみ信州営農部営農企画課
     ・JAみなみ信州各支所
     ・南信州農業農村支援センター(飯田市追手町2-678 飯田合同庁舎4階)

お問い合わせ:JAみなみ信州営農部営農企画課 0265-52-6644
       南信州農業農村支援センター   0265-53-0436

ホームページはこちらから

お問い合わせ
大鹿村役場 産業建設課 農林振興係
〒399-3502 長野県下伊那郡大鹿村大河原354
電話番号:0265-39-2001
Fax 番号:0265-39-2269
メール :norin@vill.ooshika.lg.jp

第8回大鹿村フォトコンテスト審査会を開催しました。


10月8日(金)に大鹿村鹿塩地区館において、全123作品のフォトコンテスト審査会を開催しました。

今回は歌舞伎や行事等がコロナ禍により中止・無観客での開催となっていたため、風景写真が多くを占めましたが、そのような状況にもかかわらず例年並みの作品応募がありました。

 今回より、日本フォトコンテスト協会代表理事や長野県展の審査員を長年務められている板見浩史氏が審査員長として長年編集や審査に携わってきた視点から素晴らしい作品を選んでいただきました。

 フォトコンテストの表彰式は11月14日(日)午前10時からに大鹿村交流センターで行われ、その際に板見浩史氏から入賞作品の講評と合わせ、写真の愉しみ方について1時間程度講演いただく予定です。ご興味ある方は下記までお問い合わせください。

入賞者一覧はこちら

審査会の様子

応募作品

担当:大鹿村役場総務課
TEL:0265-48-6095(直通)

大鹿村運動広場のグラウンド利用にかかるクーポン券配布について


 下記により、大鹿村運動広場のグラウンドを利用された村外の団体の皆様にクーポン券を配布します。この機会に是非ご活用ください!!(詳細はこちら

【対象期間】
 ①令和3年10月 9日(   土   )~令和3年12月5日(日)
 ②令和3年 4月29日(金・祝)~令和4年12月4日(日)
【対  象  者】
 対象期間中にグラウンドを利用した村外の9名以上の団体
【内   容】
 グラウンドを利用した対象1団体につき、村内商業施設で使用できるクーポン券3,000円分(1枚1,000円を3枚)を配布
 ※2回目以降の利用も配布します。

※クーポン券はグラウンドを利用した場合のみ配布します。

大鹿村運動広場 施設概要はこちら
施設使用許可申請書はこちら

お問い合わせ
大鹿村教育委員会
〒399-3502 長野県下伊那郡大鹿村大河原391番地2
電話番号:0265-39-2100
Fax 番号:0265-39-1023
メール :kyoiku@vill.ooshika.lg.jp

新型コロナウイルス検査費用助成事業について


新型コロナウイルス感染拡大の意識向上を図り、村民の不安を軽減するため、抗原定量検査及びPCR検査に係る費用の一部を助成します。

◇助成対象となる方、助成額、助成回数

 対象となる方

助成額

助成回数

1、村内の医療機関・社会福祉施設等の従事者で、事業所が検査の必要を認めた者 

 

一回

8,000円を上限

原則

一会計年度3回まで

2、社会福祉施設等を利用している村内に住所を有する者又は社会福祉施設等へ入所するため転出を余儀なくされた者(住所地特例者)及びその家族で事業所から検査実施を求められた者

3、長野県外から村内に帰省した学生

4、大鹿村成人式出席者で、主催者から検査実施を求められた者

5、村内に住所を有する学生(浪人生を含む)で、県外で受験又は就職活動等をし、村に戻った学生

6、村内に住所を有する者で、やむを得ない事情(冠婚葬祭等)により、新型コロナウイルスの感染者が多数発生している地域を往来した者

一回

6,000円を上限

7、前各号に掲げる者のほか、業務上感染リスクが高く、特に感染予防に努める必要性が高いと村長が認めた者

 

◇実施期間

 令和341日~

◇申請方法

「大鹿村新型コロナウイルス検査費用助成金交付申請書兼請求書」に必要書類を添付し保健福祉課へ申請してください。

 〇近隣の検査医療機関(参考)

 瀬口脳神経外科病院、下伊那厚生病院、下伊那赤十字病院、中塚内科循環器科医院、中部公衆医学研究所等で抗原定量検査ができます。
 帰省前に県外の検査医療機関で検査した場合も対象になります。

お問い合わせ
大鹿村役場 保健福祉課 保健医療係
〒399-3502 長野県下伊那郡大鹿村大河原354
電話番号:0265-39-2001(代表) 0265-48-5701(直通)
Fax 番号:0265-39-2269
メール :info@vill.ooshika.lg.jp

スケートスポットの設置について


大鹿村運動広場にバスケットやスケートボード等が行えるスケートスポットを設置しました。

無料でご利用いただけますが、
①どの程度の利用者がいるのか、どの程度の設備が必要なのか等を把握し、このスポットの発展・向上に寄与するため
②不測の事態に対応するため

利用される際はご連絡ください。

【スケートスポット利用連絡先】
平日月~金:大鹿村教育委員会(☎0265-39-2100)
土・日・祝日:大鹿村観光協会  (☎0265-39-2929)

【スケートスポット設置場所】

お問い合わせ
大鹿村役場 教育委員会
〒399-3502 長野県下伊那郡大鹿村大河原391番地2
電話番号:0265-39-2100
Fax 番号:0265-39-1023
メール :kyoiku@vill.ooshika.lg.jp

【新型コロナウイルス感染症】農林業者向け支援策


長野県ホームページにて新型コロナウイルス感染拡大により影響を受けている農畜水産業者、食品関連事業者の皆様に向けた対応策について掲載しています。
 
支援策概要(PDF) ※長野県農政部 令和3年3月現在
新型コロナウイルス感染症に伴う農業者の支援策(長野県HP)

新型コロナウイルス感染症の影響を受ける農林業・食品関連事業者への支援策(農水省) ←NEW
新型コロナウイルス感染症の影響を受ける農林業・食品関連事業者への支援策(他省庁) ←NEW

高収益作物時期作支援交付金(第4次公募)について

(農林水産省HP 高収益作物次期作支援交付金について)
【概要】

令和3年1月から3月に発令された新型コロナウイルス感染症のまん延防止のための緊急事態宣言に伴う影響により売上減少の影響を受けた高収益作物について、国内外の新たな需要等に対応する観点から、次期作に前向きに取り組む農業者を支援します。

【今回の支援対象品目となる高収益作物】
令和3年1月から3月に、豊作等の影響によらず、緊急事態宣言の再発令により市場取扱金額が平年の2割以上減少した月のある以下の高収益作物

 メロン、つまもの類(わさび、穂じそ等)
 香酸カンキツ(すだち、かぼす、ゆず等)、切り花

【注意事項】
・支援対象となる面積は、支援対象品目のうち令和3年1月から3月に出荷実績がある又は廃棄等により出荷できなかったほ場の合計面積が上限
・交付額は支援対象品目に係る令和3年1月から3月の農業者の減収額の8割が上限
・収入保険の加入者は、収入保険の保険金等を算定する際に本交付金の交付額を収入として計上
・収入保険の未加入者は、加入に向けて共済組合と保険設計の相談等を行うことが要件

【支援内容】
○高収益作物の次期作に向けた取組例
・生産、流通コストの削減の取組
・種苗、肥料、農薬等の資源の導入
・土づくり、排水対策等の取組
・作業環境の改善の取組
・事業継続計画の策定

○次期作の支援単価
・基本単価:5万円/10a(中山間地域は5.5万円/10a)
・高集約型品目の単価:80万円/10a又は25万円/10a
 ※単位面積当たりの経営費が著しく高い施設栽培の品目(切り花等)に限ります
 ※また、この場合の施設は加温装置(空調装置)又はかん水装置がある施設に限ります
  雨よけハウスは除きます

【申請相談先】
大鹿村役場 産業建設課 農林振興係 TEL:0265-39-2001(代)
※申請を検討される方は7月26日(月)までにご相談ください
※JA花部会の方は、JA農産課が取りまとめを行います
 

お問い合わせ
大鹿村役場 産業建設課 農林振興係
〒399-3502 長野県下伊那郡大鹿村大河原354
電話番号:0265-39-2001
Fax 番号:0265-39-2269
メール :norin@vill.ooshika.lg.jp

第4回 村づくり検討委員会を開催しました。


 新型コロナウイルス感染症対策を行いつつ、第4回村づくり検討委員会を11月9日に開催しました。

 今回は、今後5年間何を重点的に取り組むべきかについて、今までの検討結果から項目分けした6つの内容について3グループに分かれて意見を出し合いました。

 次回は各分野の中で、地域組織・住民が取り組むことについて意見交換を行います。

※委員から出た意見の一部です。
【福祉】 47件
・地域福祉に対して(自治会ごとの活動支援)
・高齢者福祉に対して(年寄りが元気な村を目指す)
・子育て支援について(子供の拠点づくり)

【産業】 50件
・農林業振興について(他地域との差別化)
・観光振興に対して(村内でお金を消費する場所の増)
・産業振興に対して(村外から専門的な人材の雇用)

【生活】 65件
・住宅整備(住環境・空家の整備)
・環境保全(美しい村としての景観維持)
・安心・安全(消防団の機能強化)

【自然】  5件
・登山道整備
・休耕地の活用
・ジオパーク・エコパークの取組活性化

【教育】 26件
・学校教育(社会人講和の実施)
・生涯学習(地域の人とふれあう機会を増やす)
・人材育成(様々な分野の後継者育成)

【行政】 19件
・移住定住促進(移住したくなる村づくりの推進)
・連携・協力(民間へ事業移管し、雇用の創出)
・職員育成(既存概念に囚われずに取り組む姿勢)

第3回 村づくり検討委員会を開催しました。


 


 

 

                            
                
 
 
 
 

       

    
 新型コロナウイルス感染症対策を行いつつ、第3回村づくり検討委員会を9月29日に開催しました。

 今回は、第2回の中で検討した「大鹿村の魅力や強み」と「大鹿村の課題や弱み」を踏まえて、「10年後、どんな大鹿村になっていたいか」「叶えるために必要な事はなにか」について3グループに分かれて意見を出し合いました。

 次回は今回の意見を自然環境・産業・福祉等の大きな枠に分野分けし、委員から出た意見を深堀りしていきます。

※委員から出た意見の一部です。
【10年後の理想の姿】
・今より知名度が高くなる
・南アルプスの玄関口としての環境が整っている
・主体的になって動く人が多くなる
・人材が豊富
・Uターン者が多い
・村内で経済の循環ができている
・災害の無い安心安全な生活環境
・人の流れが活発になる
・人口1,000人程度を維持しつづけている
・今よりも人口が増えている
・持続可能な仕事がある
・住民一人一人が村の好きな所を語れる
・今不便と感じている部分が少しでも改善されている

【課題や弱み】
・住民一人一人が村の魅力に気づく
・空き家対策(リノベーション・空家バンク)
・企業の誘致(職場の創出)
・誰もが気軽に立ち寄れる場を作る
・小渋線・国道の整備
・村の良さを発信し続ける
・景観ガイドラインの作成
・ワーク・アートインレジデンスの取組
・ITのインフラ整備
・アウトドア向けのサービスの向上
・集落将来ビジョンを進める
・失敗を恐れない環境
人材の育成